See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断腸の思い

(前回の続き)今回ちょっと長いです(苦笑)

膝蓋骨脱臼(パテラ)についてはコチラ

以前ちょこっとだけ、モコのパテラについて書いたことがあるのですが
このことに固執して記事を書くのは初めてです。

モコがはじめてパテラと診断されたのは1歳になる少し前。

「う~ん。ちょっとお膝がゆるいね。」

そんな感じだったと思います。実際にレントゲンを撮って診察してもらったときには
すでにグレード2の後半でした。

この病気に対する獣医さんの対応は実に様々で、
早期の段階でオペ推奨の先生。
経過を見ながら必要に応じてオペを考える先生。
内科的温存療法を推奨する先生。
オペ(外科的手術)ではなくレーザーや東洋医学的治療を推奨する先生。

モコを最初に診てくださった先生は、経過を見ながらオペは最終手段に・・・
という考えの先生でした。
実際モコはビッコをひいたり、痛がったり、そういった症状が全くない子で
昨年のお誕生日に再度レントゲンを撮ったときには
右足がグレード3になっていたにもかかわらず、痛がる素振りを見せないモコに
先生も困惑の表情を浮かべるほど。

でもやっぱりまだ手術はしなくても大丈夫。という先生の言葉を
信用していないわけではないのですが、「これでホントにいいのかしら?」と
セカンドオピニオンを考えていた8ヶ月前のワタシ。

今回今まで通っていた病院とは違う病院に来た。ということで
他の先生のパテラについての見解を聞いてみたかった。

すると今回の先生は、早期段階でオペ推奨派 の先生だったのです。
しかもパテラ(先天性)のオペは生後1歳半くらいまでにするのが望ましい。とのこと・・・
(グレード的には2でオペ対象)
また5歳以上の子にはオペを基本的には行わない。温存療法に切り替える。と・・・
理由は術後良好な結果を望めないから。だそうです。
モコ・・・現在2歳8ヶ月。

「先生、実際にうちのコを診ていただけませんか?!」

そしてモコを病院へ連れて行ったんです。




モコの右膝はグレード3後半。左膝はグレード2~3。と言われていたけど・・・
実際に右膝を触診しながら整復を試みる先生の顔は、かなり神妙。

「ど、どうですか??」と恐る恐る聞いてみると

これは グレード4 ですね。

グレード4!?衝撃の事実に頭が真っ白になりかけました。
たった8ヶ月でそんなに悪くなってたの!?
グレードが上がると場合によってはオペが不可能になる。とも聞いたことがあったため
絶望感のようなものが襲ってきたのです。 (ちなみにグレードは1~4まで)

先生は、レントゲン撮影の結果次第ではオペできないか
オペをしても再発の可能性が極めて高い。・・・と言うのです。

もし手術が出来なかったらどうなるのか??
さらに状態が悪化した場合、おそらく中年期(5~6歳)くらいで関節炎などを併発し
ある日突然歩けなくなる可能性もある。とのこと・・・
もしこのまま老年期までもったとしてもやはり関節炎、十字靱帯断裂、
骨の変形などが起こり歩行不能になる。と・・・

レントゲン撮影の結果をみてさらに落ち込みました。

参考画像1
まず、↑これが正常な膝蓋骨の位置

膝蓋骨脱臼(モコ) 
丸で囲った部分のアーモンド形の骨が膝蓋骨。
本来正面から撮ったときにこの骨は見えないのが正常な状態。
右足の膝蓋骨は完全に内側にはずれています。
しかも足の骨自体にすでに湾曲が見られる状態です。

膝蓋骨脱臼(モコ) 
逆に横から見ると、右足は膝蓋骨が写っていません。
骨の真ん中ではなく横側にずれている為に、重なってしまっているので
レントゲン写真に写すことができないのです。

ただし予想より良かったこともあって、まずグレード4と言われた右足は
撮影の際先生が再度整復をしてみたら、骨が入ったということで
実際にはグレード3後期~グレード4の初期だということ。

グレード2~3と言われていた左足は、グレード1だったということ。

レントゲン写真上では骨自体の大きなの変形や異常は見当たらないということ。

実際はきっとずれた膝蓋骨がこすれて骨が削れていたりしているはずなのですが
今の段階ならオペで完治レベルは難しくとも、
グレード1程度まで回復の見込みがある。とのことでした。

手術内容もかなり大掛かりなものになるらしく
膝蓋骨が本来あるべき骨の溝を削り、元の位置に戻し、伸びた靱帯を切って
正しい位置につけてピンで固定。周囲の萎縮した筋肉を解す手術もするんだとか。

図説を見ながら丁寧に説明していただきましたが、想像力豊かなワタシには
その手術内容があまりに恐ろしく・・・“断腸の思い” とはこういうことなのでしょうか?
割り箸程度の細さのモコの足を触りながら、必死で涙をこらえました。

オペとなると術後1週間の入院。その後1週間のケージ生活。
リハビリは1日5分程度の室内歩行から初めて
今の日常生活に戻るまで1ヶ月。関節が完全に落ち着くまで3ヶ月。

手術をするなら今しかない。そう思いました。

たまたまロコが体調を崩し、たまたまかかり付けの病院がお休みで
たまたまやってきた別の病院。たまたまモコの話をしたら分かった今回の事実。

すべてが偶然のようで必然なんじゃないかと、直感で感じたんです。
アクションを起こすときは、いつも念入りに下調べをしてから行動するワタシ。
ところが今回に限っては診察結果を聞きながら9割がたオペをしよう。と思いました。

とりあえず主人に話しをします・・・と帰ってきましたが。

今だったら治る気がする。
今だったら間に合う気がする。
今じゃなかったら手遅れになる気がして
今やらなかったら絶対に後悔する日がきっと来る。

「手術をしてもし歩けなくなったりしたらイヤだな・・・」そう言った主人にも

それは絶対にない!!と根拠もなしに言い切れたのは何でかな?(苦笑)

そんなわけで、今月中もしくは来月すぐ。モコ緊急手術の予定です。
パテラは小型犬に大変多い病気です。特にポメラニアンは・・・
ワタシのように悩んでいる飼い主さんもたくさんいらっしゃるはず。
何かの参考になれば・・・いいな。という思いで
【膝蓋骨脱臼(パテラ)】カテゴリ追加しました。
手術について、術後の様子など・・・記録していきたいと思います。


昨日病院の帰りに撮った1枚。
がんばるナリよ♪ 
モコ・・・こんな状態になるまで知らんぷりしてごめんね。

でも一緒にがんばるから!!
またいっぱい走れるようになろうね!!!


 
長い長い独り言にお付き合いいただいたみなさん。どうもありがとう♪ 。。。from kazu

にほんブログ村 犬ブログへ ←応援クリックはココですyo!ココ!!

 

*+:*+:*+:*+:*+:*+:MEMO*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:

2009.1.21(WED)

    初診料・・・¥1000
レントゲン検査・・・¥4000
─────────────
    TOTAL     ¥5000


アニコム適用 50%負担
─────────────
支払額・・・¥2620

現在の総支払額・・・¥2620

 

 

HANAGE   
      

COMMENT

お返事です@kazu

v-457ポメラニアンファンさんへ
こんばんは。応援コメント本当にありがとうございます。
今回の病院はですね、もともとロコの原因不明のカユカユで探したのですが
自宅近くの個人医院なのです。ロコのあご下のリンパ辺りの腫れが気になっていたので
検査設備の整った病院ということで行ってみました。
動物用のCTや血液、体液の検査機器など多種多様に揃っていたので(^_^;)
今までの病院ではさすがにCTまでの設備はなかったです。
自宅近くに大学病院規模の病院は見当たらないので
病院探しは難しいです_| ̄|○
結果的には満足できる病院でよかったと思っています。

v-457鍵コメさんへ
直接ブログのほうでお返事させていただきますね。
コメントありがとうございました。

2009/01/23 (Fri) 21:14 | kazu #eFolqCLc | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/01/23 (Fri) 20:08 | # | | 編集 | 返信

気になるのが「病院選び」ですが、きっとkazuさんのことですから、調べたりなさっていると思います。
大きな病気や手術はうちのワンズは経験ないし、アドバイスも、気のきいた言葉もかけられないけれど.....。
モコちゃん、kazuさん、応援しています!

2009/01/23 (Fri) 13:00 | ポメラニアンファン #e85TytFk | URL | 編集 | 返信

お返事です@kazu

v-457のんちさんへ
膝蓋骨脱臼という病気は命にかかわるような病気じゃないんですが
放っておいてよくなる病気でもないんですよね・・・
治療や処置にも様々な選択肢があり、ドクターによって考え方も違うので、どうすることがBESTなのか?
飼い主として非常に悩み、迷う病気だと思います。
いつかオペしなくてはいけない・・・ワタシはそう思っていました。
でも実際モコにはオペを先延ばしにする猶予が殆どなかったんです。
モコの性格上歩けなくなる、走れなくなるのは生き地獄だと思います。
まだまだ余生は長いので、やっぱりタイミング的に【今】だと確信しています。
大丈夫。きっとモコの足は治ると思います。
励ましのコメントに感謝です。本当にありがとうございます。

v-457そらさんへ
はじめまして。コメントいただけたこと、とてもうれしいです。本当にありがとうございます。
花連ちゃん心配ですね。あらためてそらさんのブログのほうへコメントさせていただきたいのですが
「外れやすくなっている・・・」というドクターの言い方から推測するに・・・
まだグレードが進んでいない状態なのかもしれませんよ?
モコはかなり進行しているので自力で整復できないのはもちろん、ドクターでさえ整復が困難な状態だったので
現段階ではオペ以外の選択肢はないのですが
これはあくまでモコを観てくださった先生の見解。でしかないと思うのです。
ドクターによっては5~6歳でもオペで治せる場合だってきっとありますよっ!!
できれば整形外科に力を入れているお医者様を探してみてください。
きっとオペの経験値が内科診療主体のドクターとは違うはずです。
オペが出来なくても温存療法で症状を緩和させたり、進行を止めたり可能性はたくさんあるはずです。
ご自宅の近くに有名な整形外科の病院があるとのこと。
これは大きく期待できるのではないでしょうか。
花連ちゃん、良い先生に巡り会えますように!!
ワタシもお祈りしています。

v-457メルママ。さんへ
ワタシの直感は当たるのよっ!!
こんなこと普段めったに思わないんだけど・・・。
今回ばかりはなぜかイケる!!と思うんですよね。
どうしてなのかは分からないんですが、何かに後押しされているような。そんな感じがするのです。
同時に今オペをしなかったら、取り返しのつかないことになるような・・・そんな悪い予感さえするの。
メルちゃんはお膝大丈夫?小さいから心配です。
セカンドオピニオン。本当に重要だと思います。
手術当日は念を送ってくれるの~!?
本当にありがとう。絶対に成功するよっ!

v-457ちーちゃんママさんへ
セカンドオピニオンって、なんだかその先生や病院に悪いような・・・後ろめたさというか、そんな気分になりますよね。
でも、獣医さんにも得意分野と不得意分野ってあるような気がするの。
特に整形外科って内臓の悪い部分を切除するようなオペと違って
とても工作的というか・・・(苦笑)
こうやって皆さんに励まされて、モコもワタシもやる気満々になってきました。
本当にどうもありがとう。

v-457さくらマミィさんへ
こんな凹んだ記事のときにご訪問いただいちゃって・・・
さくらマミィさん、タイミングが悪かったわ~(笑)
いや、これは冗談ですけどね。
ワタシは今、迷いもなくオペにチャレンジしようと心に決めたことによって
ある意味気持ちが楽になったんです。
ずーっと悩んで、迷って、葛藤していましたから。
リハビリはワタシも一緒に頑張らなくちゃいけないので
大変かもしれないけど、みなさんには良いご報告ができるように頑張ります。
本当にどうもありがとう。

v-457ようよさんへ
沙羅ちゃんの闘病記は以前拝見したことがあります。
モコも再発の可能性があるということだけは覚悟してほしい。とドクターに言われました。
グレードが上がってからオペとなると、やはりメリットだけじゃなくて
当然デメリットやリスクも大きくなるんだ。ってこと痛感しました。
でも今より悪くなることはないんだ!!って思うのと
いつか歩けなくなるかもしれない不安を抱えてこの先生活するよりは
オペして治す可能性に賭けたいのも事実です。
沙羅ちゃんのお話が聞けて、とても心強いです。
こんなに皆さんに励ましていただいて、頑張れないわけありませんからね。
本当にどうもありがとうございます。

v-457鍵コメさんへ
直接ブログのほうでお返事させていただきますね。
コメントありがとうございました。

v-457なおたさんへ
だよね、だよね、そうだよね。
なおたさんにそう言ってもらえると、根拠がなくても
すごい説得力があるよ(笑)
みなさんの思いがモコにきっと届いて元気に復活してくれるはず。
さすがに手術~1週間の入院中はワタシも精神的にどうなるか
今のところ自信はないわけなんだけど・・・
元気なモコのあのワクテカ顔みたら
「も~、いったい何だったのよ~!!」って思うかな?(苦笑)
急にこんなことになっちゃったので
逢える日がまた先延ばしになっちゃいましたね(TωT)
でもリニューアル・モコ☆としてお逢いできる日が必ず来るので
待っててね♪応援本当にありがとう。

v-457pompogさんへ
そっか…ゴロたんも。その後は特に検査や診察はしてないですか?
膝蓋骨脱臼は悪くなることはあっても良くなることはない。
って聞きますから、すごく心配だな~…
モコみたいにグレードが進むと逆に痛みの出ない子もいるらしいので
セカンドオピニオン。ワタシ的にはオススメしたいです。
信頼できるドクターも、もちろん大切なんですが
適切で冷静な治療やアドバイス、技術、そういったものを
きちんと提供してくれる病院が望ましいと思いました。
少しでも不安や疑問を感じたら、別の病院のドアをたたく勇気も必要ですよね。
しかし、ポメはやっぱりパテラ持ちの子が多いですね(TωT)
しかも大半が先天性。宿命みたいなものなのかな?
応援ありがとうございます。がんばります♪

2009/01/23 (Fri) 02:06 | kazu #eFolqCLc | URL | 編集 | 返信

ロコちゃんが!アレルギー!?
カイカイで可哀想にv-406
と思っていたら、なんと!!モコちゃんまで大変なことに!!

きっと、すぐに決断出来るほど、その病院の獣医さんは
信頼のできる方だったのでしょうね。
モコちゃん・・・・(T_T)
しばらくは辛いだろうけど、kazuさんと一緒に頑張るんだよっv-356
きっとモコちゃん、頑張ってくれます♪
だって、kazuさんがついているんですもの。

セカンドピニオン・・・大事ですね。
ゴロも、1歳前に一度痛がって掛かり付けではない病院へ連れて行ったら
膝蓋骨脱臼と言われて、その時はグレード1位と言われましたが
心配になってきました・・・・・。
信頼できる獣医さんも大事ですが、信頼しきるのも良くないですよね。
ゴロも他の病院へ連れて行ってみようと思います。

モコちゃん、遠い北国から応援しています。
頑張れ~~☆

2009/01/23 (Fri) 00:34 | pompog #- | URL | 編集 | 返信

だいじょぶさ!
あたしも確実な根拠はないけどそう思います。

やらないでする後悔だったら、手を尽くしての後悔のほうが絶対いいと思う。
ちょっと宗教チックだけど、「思いは届く」のです。
ロコモコちゃんを思う気持ちが今回のセンセに合わせてくれたのだと思うし、それが「今」だったんです。
この追い風のチャンスに乗って、元気印のモコちゃま復活~♪楽しみに待ってます。

復活~♪と簡単に言うけど、きっと大変だと思う。
でもだいじょぶだよね。kazuさんなら。頑張って!!!
何も出来ないけどいっぱいいっぱい応援してます。

さ!春になったら再会よ!待ってるどーーー!!!
その時には、小麦粉使わないクッキーやケーキお祝いに持っていっちゃるっ!!!

2009/01/22 (Thu) 23:23 | なおた #3GdeFmaY | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/01/22 (Thu) 23:12 | # | | 編集 | 返信

手術の決断、そばでいつも見ているkazuさんの
決めたことだから間違ってないと思います。
年齢やタイミングもきっと今だっ!ってことですよ~。
沙羅は生後8ヶ月で一度脱臼の手術をしたけど結局また
外れてしまって(腕がイマイチな先生だったの・・・)
その後2ヵ所病院を回って東洋医学の先生に出会い2度目の
手術はせず、お灸とレーザー治療とサプリで温存治療を
断続的に4年ほどしました。
お灸はお家でも出来るので、術後のケアにもおすすめ
です。市販の棒灸を沙羅は使ってました。
びっこになることもあるけど、走るし痛がって動けないことは
今の所ないです。。。
ポメに脱臼はつきものですし、うまく付き合っていけば
わんこも自分で無理はしない動きが出来ると思います。
モコちゃんの手術が無事に済んで、お膝もバッチリ
になるようにお祈りしています。

↓のロコたんのアレルギーも痛々しいです(T_T)
すぐに原因がわかってよかったです。。。

2009/01/22 (Thu) 22:46 | ようよ #- | URL | 編集 | 返信

久々にロコモコちゃんを見に訪問したら・・・
ビックリしました!
今モコちゃんにしてあげられる事(すべき事)を選択した
kazuさんの気持ちはよ~くわかります。
モコちゃんも大変だけど
きっといつか手術してよかったと思う日が来るに違いありません。
勇気を持って頑張って!!

2009/01/22 (Thu) 22:03 | さくらマミィ #- | URL | 編集 | 返信

kazuさんが出した答えに間違いはないですよ。
ワタシも、kazuさんの立場だったら同じ選択をしたと思います!
何もしないで見守るのは辛いですもんね。
セカンドオピニオン、勇気のいることですが『偶然の必然』で出会った病院ですね。
これから、手術にリハビリにと心配が多いと思いますが
応援していますよ!
モコちゃんなら頑張れる。
kazuさん、不安だと思いますが信じましょう!!


2009/01/22 (Thu) 19:19 | ちーちゃんママ #- | URL | 編集 | 返信

まさに、偶然の必然。
「今なら治る!」っていうkazuさんの直感。
絶対当ってると思う。
手術も、術後のことも、いろんな心配はあると思うけど
きっとモコちゃんなら大丈夫!
ワタシがもしkazuさんと同じ立場になったら
きっと同じような選択をしたと思うし。
改めて、セカンドオピニオンの大切さと
日頃の健康チェックの重要性を感じました。
手術の日には、仙台から念を送るからね~☆

2009/01/22 (Thu) 19:01 | メルママ。 #qhVXTLRM | URL | 編集 | 返信

はじめまして。ポメラニアンの花蓮のオーナーそら、と申します。脱臼に関しての記事でかなり真剣に読ませて頂きました。
我が家は3歳で花蓮が来たのですが、すでにその時には脱臼があり、今掛かっている先生の話だと先天性だろうとの事でした。しかしあまり詳しい説明もなく、経過観察で良い、というお話だったのです。
しかし、先日主人が連れて行った(別件で)の際、「外れやすくなっていますね」と言っていたにも関わらず、未だレントゲンも撮ったことすらありません。
ずっと不安に思っていたのですが、花蓮ももう6歳。ブログの内容からするともう手術は出来ない(しても効果がない?)歳になっています。それでも治療や何かせめて悪くならないようにする方法があるかもしれない。そう考えました。今までセカンドオピニオンを受けなかった事にとても後悔をしています。
今からでも打てる手はないのか、探してみたいと思います。
とりあえず、比較的近くで整形外科では有名らしい病院が2件ほど見つかったので、一度診察を受けてみたいと思います。
ご自身も辛かったと思われますが、記事にしていただいたことで、私は動く決心がつきました。本当にありがとうございます。
そして、モコちゃんの手術が上手くいきますように!この笑顔がいつまでも続きますように・・・。御祈りしています。
これからも拝見させて頂きます。よろしくお願いいたします。

2009/01/22 (Thu) 18:37 | そら #- | URL | 編集 | 返信

う~んv-393モコちゃんの笑顔見てると辛いね。。
とっても大変な手術みたいですね!!
病気の事はよくわかりませんけど。。
旦那様の気持ち、わかるような気がしますが。。
今の状態よりも悪くなる?っていうか
今までの様な楽しい生活が出来なくなる様で不安?って事かな。。
kazuさんは、年齢制限の事もあるしこのままの状態でどんどん悪くなって
シニアになってから辛い思いしたら可哀想で。。って事?違ったらゴメン
後で後悔したくない今が絶好のタイミングだと考えるのねv-390
いつも慎重なkazuさんが何かを感じたんですねv-21
モコちゃんkazuさん頑張ってv-91
手術の成功を祈ってますからv-218

2009/01/22 (Thu) 18:22 | のんち #YxCOW9Mk | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。