See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後ケア

モコは3/15に 『大腿骨頭切除術』という股関節のオペをしました。

詳細→

大腿骨頭という部分を切り落としたのですが

fc2_2014-03-24_08-55-43-772_20140324204801922.jpg

こんな感じになりました。

術前と術後を比較すると…



お分かりいただけるでしょうか?

本来ハマっているべき大腿骨の付け根部分(画像右側)
その丸い骨が無くなっています。

今はまだ術後間もないので、左足の股関節は
関節として機能していませんが
モコは歩くことも、走ることも、ジャンプも出来ます。

一見左足も問題なく使っているように見えるのですが
実際は軽く地面に触れているだけで、加重は殆ど出来ていません。
注意深く見ていると、浮かせた足がぶらんぶらん状態です。

完全に右足加重で生活しているんですね。

このまま左足を使わずに生活する癖がついてしまうと
どんどん左足の筋力が落ちてしまいます。
なのでモコは1日数回ですがケージから出て
部屋の中を歩行する訓練をしなければなりません。

来週抜糸をした後は、お散歩も即スタートです。
歩く距離も普段と同じ。

筋力を付けるためにたくさん歩くのですが
モコが入院中にワタシ…ふと思ったことがありました。
それは…フード問題。

今までモコが食べていたのは、シニア用のライトフード。
カロリーが少なくて繊維質が多く、低タンパク低脂肪。

でも…筋力付けるとなると…低タンパクは…いかがなものか?と。

フードショップの店長さんに相談したところ、やはり適切ではないようで…
筋力を付けるためには、高タンパクで消化吸収のよい
生食フードが良いらしいのです。

と言うわけで…

モコが入院中にオーダーしておいた筋力アップフード

IMGP6491.jpg

右はフリーズドライの生食フード
左はコールドプレス製法(50℃以下での加熱処理)のドライフード

K9Natural
LUPO NATURAL 
(メーカー商品詳細ページへジャンプします) 

高タンパクフードって、とてもカロリーが高くて
左足に膝蓋骨脱臼があり、気管虚脱もあるモコには
これ以上の体重増加は負担がかかります。
また、ストルバイトの再発もちょっと心配…

なので数ある中から100g当たりのカロリーがなるべく少ないものをチョイスしました。
ストルバイトについてはpHコントロールのサプリメントを併用します。

リハビリ期間中はこまめに尿検査と体重測定をしながら
こちらのフードに切り替えてみることにしました。

フリーズドライの生食フードは37℃以下のぬるま湯か水でふやかすと



コンビーフみたいになります(笑)
抜糸までは抗生剤と痛み止めのトッピング付き。



モコはカロリー高めの K9natural を朝ゴハン
カロリー低めの LUPO NATURAL を夜ゴハン で食べています。

主成分がほぼお肉なので、食いつきも抜群によろしいです(笑)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。